ランちゃんにリク(陸)カイ(海)モモの3匹の赤ちゃんが生まれました。
これはその子達の成長・育児日記です

2006年10月07日

モモについて・・・

今日モモは病院に行きました。

今まで通ってた所ではなく、新しい病院へ。

先日、ランをシャンプーに連れて行った病院です。

そのとき、いろんな話をした時に、モモの相談もしてみました。

3ヶ月で股関節形成不全と診断されたこと今の状態など・・・

すると、その先生は初めて行った私に、しかも診察ではなくシャンプーに行っただけなのに

しかも、患者であるモモを連れていなかったのに、真剣に話を聞き、

忙しい中、1時間ほど時間を割いて相談にのってくれました。

初めは、ほんの立ち話から始まった話がモモの病気について真剣に考えてくれました。

そこで知ったことが、股関節形成不全を幼児期に確定診断できる医師は日本に数人しかいないこと、

ゲージに入れるのは間違いだと言うことなど、今の病院とは全く違ったことを

言われました。私はそのとき本当に困りました。どっちの先生が正しいの・・・?と。

しかし、そのあとその先生が、「今いえることはこのくらいだけど、数日後に来て下さい、診察とかじゃなくていいので。私に集められる資料を集めてお渡しします」とおっしゃいました。

連れてきなさいとかじゃなくお金儲けではなく、無償で相談にのってくれて

会ったこともないこのために、資料を集めると言って下さったのです。

私は本当にうれしかったです。知らない子の為に真剣に考えてくれる先生がいたことに。

そこで、私は先生に診察をお願いし、今日行ったのです。

すると、やっぱり診断は間違いではないのです。

モモの状態があまりにもひどいので、この幼児期に発見・診断が出来たのです。

しかし、ゲージに入れっぱなしにするのは、大きな間違いだと。

運動制限は必要なことだが、極度の制限をすると筋肉が発達せず、

骨が原因どころか、筋肉がなく立てない状態に間違いなくなるだろうと・・・

確かに言われてみればそうである。どうして、分からなかったのだろうか・・・

また、今することはないと言われただけだったが、今日の先生は、

この病気には今こういう治療の方法があるが、どうして今しないのか、できないのか・・・

資料を出し、本を見せ説明してくれました。

これから考えられるであろう症状、その対処法。運動制限をしながらも

筋肉をつけていく、体重制限の必要性、食事量。様々なことを。

とにかく、こういう状態だからこういう理由で出来ない、こういう手術あるが、

こういうリスクがある。この治療をするならこの先生を紹介する。など

本当に詳しく時間をかけて説明して下さいました。

今回の病気のことだけじゃなく、いろんな事を相談にのって下さり、納得のいく説明を

してくれたことに嬉しく、この先生におまかせしようと思いました。

たまたま、シャンプーに行ったことで、新しいいい先生に巡り会うことが出来ました。

今回のことで、私は困った時は複数の先生に聞く事がこれほど大事な事だと

また、必要なことと実感しました。

もしかしたら、先生の数だけ答えが変わるかもしれません、でも、一つの答えで

悩むより、多くの意見で悩むほうが、遙かにいいことだと思いました。

皆さんも、困った時は、複数の先生に相談してから悩んでみてください。

それが、わんちゃんにとっても自分にとってもいいことだと私はおもいます。



と言うことで、今の状態にあった運動をっと言うことで、久しぶりにランと

ももと散歩に行きました。

もちろんモモは足に負担のない時間だけ歩き、あとは抱っこして散歩しました。

久しぶりにでる外に、大喜びのモモでした。
ハ真 1130.jpg

歩いてるモモです下

少しわかりにくいですが、後ろ足の歩き方がおかしいのが分かります。




本当にみてたらかわいそうです。

大型犬にはこの病気がかなり多いそうです。でも、症状が軽かったり

体型でカバーできる子も多く、知らないまま生活することもあるそうです。

もし、この動画を見て、また、横座りとかしていないでしょうか? あれ? 

っと思い皆さんのわんちゃんを見直して下さると嬉しいです。

いまどうもなくても、生活環境で将来悪化する子も多いそうです。

今生活環境で見直せるなら将来のことを考えて見直してあげて下さいね。

ニックネーム ランパパ at 22:27| Comment(16) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする